1. TOP
  2. 在来線普通・快速
  3. ベルモンターニュに乗る(城端線)

ベルモンターニュに乗る(城端線)

Pocket

富山県高岡と城端を結ぶ城端線。

一時は廃止もささやかれたローカル線ですが、
この路線を走る観光列車がベルモンターニュ。

まだ少し寒さも残る2018年3月にこの列車にのってみました。
高岡からは氷見線と城端線という二つのローカル線が走っており、
べるもんたーにゅもこの二線を日付で分けて走っています。
海沿いを走る氷見線の絶景は有名ですが、城端線は少し地味な存在。

今回は新高岡から城端線の方に乗ってみました。

乗車記

私が乗車したのは新幹線と接続する新高岡駅。
(高岡駅からは一駅で列車で数分の距離です。)
単線の線路にいよいよべるもんたーにゅが入線してきました。

車両はキハ40-2000系。
とても国鉄製の年季の入った車両ですが、もともとの外観を生かしてとても
重厚感のあるいいデザインに仕上がっていると感じます。

いよいよ車内に乗車。
この日は9割がた席が埋まっている状態。
かなりにぎわっていました!

座席はボックスシートと、車窓が輪に向いたカウンターシートのつくりになっています。

観光ガイドの方が乗車されていて、とても楽しく案内をしていただきました。

この城端線は年に開通したかなり歴史のある路線で、ところどころかなり立派でなつかしい駅舎があり、それも見どころです。

そして、もう一つの見どころが田園風景。
この地域独特の散居村の風景がみることができます。
この日はまだ多少の雪が残り雪景色、春・夏・冬とまたそれぞれ違った表情をみせてくれるのではと思います。




ベルモンターニュの名物は車内で握られるお寿司!
富山は魚が本当においしいエリア。地元の魚を使ったお寿司を車内でいただくことができます。
今回私は既に昼食を済ませてしまっていたためいただきませんでしたが、
次回はぜひと思います。

帰りは普通列車で高岡へ。
たらこ色のこの車両も今や現役で走っている路線も少なくなってきました。
貴重な走りを体験しました。

高岡駅停車中のハットリくん列車

ベルモンターニュとは

改めてですが、べるもんたーにゅとは富山県の氷見線と城端線を走る観光列車です。

ベルモンターニュの予約方法

べるもんたーにゅは快速列車という扱いですので、快速指定席として
全国のみどりの窓口で買うことができます。
またJR西日本のおでかけネットからインターネットで買うこともできてとても簡単に予約することができます。

運行区間

氷見線と城端線を走ります。2019年4月現在は、
土曜が城端線、日曜が氷見線です。

富山の田園と海の景色を堪能できるこの列車。ぜひ北陸へ旅行の際は乗車をお勧めします。

JR西日本 べるもんたーにゅ公式ウェブサイト

https://www.jr-odekake.net/railroad/kankoutrain/area_hokuriku/berumonta/




(Visited 82 times, 1 visits today)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。