1. TOP
  2. 鉄道ニュース
  3. 2018年5月鉄道ニュースまとめ

2018年5月鉄道ニュースまとめ

Pocket


2018年5月の鉄道ニュースのうち気になったものを勝手にまとめます。

JR西日本 新たな長距離列車概要発表https://www.westjr.co.jp/press/article/2018/05/page_12409.html

5月23日JR西日本が2020年春の運行開始に向けて準備を進めている、「新たな長距離列車」の車内デザインが公表された。区間は京阪神~山陰方面、京阪神~山陽方面 など を予定。フルフラットシートやコンパートメントが設置されるほ、6両のうち1両は共用スペースとなる。

(管理人コメント)
これはとても期待したい列車です。おそらく昨今の超高級クルーズ列車とは違い、
一般の指定席料金、またはグリーン席料金で乗れるものと思います。
区間はまずは京阪神から出雲へが有力です。
出雲大社観光はそこそこ人気である一方、新幹線では行けず交通の便は良くないので、それりの需要はあります。ちょうどこの夏はじめて京都発出雲行のサンライズが臨時列車として運行されますが、読みすぎかもしれませんがこの列車の需要予測もかねた運行の可能性もあります。
今回改造の元となる列車は国鉄製の117系。快速としては快適な車両ですが、夜行としてどうかは未知数。おそらく10年も20年も使えるとは思えないのでまずは実験的に導入し、ニーズがつかめれば新造もあるのだろうと思います。

昨今の夜行高速バスの人気を見てもリーズナブルな料金での夜行移動にはそれなりの
ニーズがあることがわかります。しかし、高速バスも快適になりつつありますが、まだまだ敬遠する人も多く、車内を多少歩き回れて息抜きのできる列車ならという人は多いと思われます。

ぜひいい成功例となりほしいと思います。


117系電車



JR東日本 中央特急E353系に統一へ そして・・・http://www.jreast.co.jp/nagano/pdf/180516-01.pdf

JR東日本は中央特急をE353系に統一する方針で会うことを正式に発表。
2018年7月1日よりあずさの10往復中3往復、「かいじ」の12往復中9往復が、
E353系に置き換えられる。(完全な置き換え時期についてはまだ未発表)
E257系は東海道線へ。

(管理人コメント)
⇒予想されていた通り中央特急のE353系への統一と、E257系の東海道線への移管が発表されました。
鉄道ファンとしては車種が減ることで若干面白みはへってしまうのですが、
E353系は乗り心地の評価が高く、予想通りといった形です。
車体傾斜装置のないE257系から車体傾斜装置付きのE353に代わることで、
統一された暁には「あずさ」、「かいじ」の時間短縮には期待です。
また「あずさ」と「スーパーあずさ」の差がなくなってしまいますので、
おそらく常磐特急がE657系に統一と共に「スーパーひたち」が消滅したのと同様に、
「スーパーあずさ」も消滅するものと思われます。

一方E257系は東海道線へ。どのようにリニューアルされるのか期待ですが、
185系はこれによりいよいよあと数年で引退が確定となりました。
JR東日本エリアで国鉄製の特急に乗れるのもあと少しとなりそうです。


中央本線から引退し、東海道線に転用が決まったE257系

伊豆へ新たな観光特急を20年春に運行開始
http://www.jreast.co.jp/press/2018/20180502.pdf

JR東日本は伊豆へ新たな観光特急を運行することを発表。
運行開始は2020年春。
列車は8両編成で、プレミアムグリーン車を1両導入するほか、
列車内で各種麺料理を楽しめるヌードドルバーが設置された車両1両や、個室車両も2両連結。
他4両はグリーン車となる。

(管理人コメント)
食堂車復活というのはうれしいニュースです。
普通車はなく、グリーン車・プレミアムグリーン車・グリーン個室とのことですが、
ロイヤルエクスプレスがかなりの高額な料金設定となる中、通常のグリーン料金でのれるようであればまだ良心的な価格と言えそうです。
イラストを見た瞬間東武のリバティに似てると思ったのですが、
やはり同じデザイナーで、デザインはJR東日本としては四季島に続きKEN OKUYAMA DESIGN とのこと。
2編成導入予定ということで、これによりスーパービュー踊り子が置き換えられるものと思われますが、
その去就が気になるところです。

 

JR東日本 上野~大宮間新幹線スピードアップhttp://www.jreast.co.jp/press/2018/20180507.pdf

JR東日本は所要時間短縮に向けて埼玉県内での運転速度向上を発表。
上野~大宮間のうち埼玉県内で最高運転速度を現行 110km/h から 130km/hにアップさせ、それに
より所要時間1分短縮を目指す。

(管理人コメント)
北海道新幹線開業を受けて東北新幹線のさらなる所要時間短縮が課題となる中、この区間も大きなボトルネックになっていました。
東海道新幹線も品川~新横浜で200km/h出しており、在来線も最高速度120~130km/hが一般的になってきた中、110km/hはやはり遅すぎでした。
前回のブログにも書いた通り、現状大宮までは在来線を使用しても大して時間が変わらない場合もあります。
今回時期は発表されていませんが、効果は1分とはいえ早期実現に期待したいと思います。

上野~大宮間をいく新幹線



(Visited 466 times, 1 visits today)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。