1. TOP
  2. 在来線普通・快速
  3. 元日比谷線3000系に乗る。

元日比谷線3000系に乗る。

Pocket

丸ノ内線(東京メトロ)の500形がブエノスアイレスより里帰りし、いずれは実際に走行できるようにすることを目指しているということで話題となっているが、もう一つノスタルジックな気持ちにさせてくれる車両が日比谷線3000系。

1961年(昭和36年)に営団地下鉄日比谷線開業とともに登場し、約30年以上東京の地下を走り続けた車両だ。
小さいころ日比谷線沿線に住んでたこともあり、なじみのある車両だった。

この車両も実は2両東京メトロで動態保存されている。
しかし、あくまでも社員の研修用ということで一般公開されることはあまりなく、
ましてや走行しているところを見たり、乗車する機会は今のところはほとんどない状況になっている。



そんな3000系だが、実はまだ現役で走っていて乗ることが出来る。
鉄道ファンの方はご存知の通り長野電鉄。

先日長野に遊びに行ったついでに乗ってみようとホームに行くと、
運よく、3500系(元営団3000系)が停車していた。
長野駅から権堂までたった二駅だけど、乗車してみた。

二両編成というのが少し寂しい気もするが、赤帯が追加された以外は往年の姿を色濃く残している。
地下鉄特有のドアの小さな窓、モーター音。どれもとても懐かしい。
また長野電鉄の地下区間の駅も昭和のレトロ感が漂っていてそれもまたいい。

長野電鉄では最大計17編成を保有していたが、廃車が進み今残っているのは6編成。
残りもあと数年は走る見込みだが、その後置き換えられることが決まっている。



こうやって見ると、車体の赤帯がなければ30年前にタイムスリップしたかのような風景。

この貴重な車両に気軽に乗れるのもあと数年・・・。
ぜひいまのうちに一度は訪れてみてはと思う。

(Visited 237 times, 4 visits today)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。