1. TOP
  2. 在来線特急
  3. 特急やくもの風景

特急やくもの風景

Pocket

前回の続きの松江への旅。
サンライズ出雲が取れなかったため、サンライズ瀬戸で岡山へ行き、そこからは特急やくもへ乗車しました。

このやくもですが、車両は381系。
国鉄が開発した日本初の振り子式の営業列車であり、日本で乗れるのはもはやここだけという貴重な列車です。

鉄道好きとしてはサンライズでそのまま松江・出雲まで行くのもいいですが、
岡山まで降りて、この貴重な列車に乗るというのも悪くありません。

特急やくも乗車記

岡山発は07:05。サンライズの約30分後に発車します。
この時間岡山駅では駅弁売り場やコンビニは空いているので、朝食購入するにはちょうどいい時間です。

そしてホームに行くとちょうど列車が入線してきました。




この日の列車は7両編成。
ゆったりやくもとしてリニューアルされており、
車内は比較的きれいになっています。
この時代珍しくリニューアルに際してLED案内表示が取り付けられなかったというのは意外でした。
まあなくてもそれほどは困りません。


こちらが6号車。照明もスポットライトのようなものにリニューアル。

一方最後尾の車両は外見はリニューアル車であるものの車内は座席のみのリニューアルであり、
旧車両の雰囲気を色濃く残していました。


↑最後尾の7号車、照明も空調の吹き出し口も網棚もほぼ旧車両のままです。
座席もハイデッカーにはなっていませんでした。


6号車リニューアル車はハイデッカー。

こちらは7号車。ハイデッカーになっておらず、窓際にはダクト用のスペースが。

いよいよ出発。倉敷までは結構な速度で快走。
そこから伯備線に入っていきます。
伯備線をしばらく進むと山間部への入っていきます。

高梁川は左手に見えます。この区間左側がおすすめです。


ここからは振り子の本領発揮です。
それなりの速度を保ちながらぐいぐいと進んでいく感じでした。

車窓と振り子の動作を楽しんでいると結構あっという間に備中高梁、
新見に到着し米子へと進んでいきました。

感想としてはこの山間部をこの速度で走り抜けるというのは
さすが振り子車両だなと実感しました。


途中上り電車とすれ違い。

米子へ近づくと左手には大山が。そして思ったよりもあっという間に松江に到着となりました。

振り子は揺れると昔から敬遠する人もおり「ゆったりやくも」を「ぐったりやくも」と
揶揄する人もいますが、私が乗った感想としては、そのような苦痛は一切ありません。
空いていたというのもあって広々と非常に快適な列車の旅でした。

あと数年はこの特急やくももあと数年は安泰のようですが、
そのうちと思っているとあっという間に引退が近づいてくるということもあり得ます。
それまでにぜひ、この国鉄製の振り子の快走を体験することをお勧めします。




(Visited 746 times, 4 visits today)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。